革財布の汚れにはクリーニング?自宅で丸洗いする方法は?




日常のあらゆるシーンに登場する革財布は、どんなに大切にしていても汚れてしまいますよね。

デリケートな革素材はお手入れに困りますよね。

そんな時は専門店でクリーニングをお願いするべきでしょうか

ですが、専門店に頼むと5000円前後かかってしまうので少し高めなんですよね、、

実は革財布は自宅でクリーニングすることができます

きちんとした方法でケアすれば、汚れてしまった革財布は劇的に美しくなりますよ!!

今回は革財布を丸洗いするコツをお教えしますのでぜひご覧ください。

革財布にはどんな汚れが付きやすい?

普段使いの革財布にはどんな汚れが付くのでしょう。

汚れの一番の原因となるのは手垢です。

毎日のように活躍する革財布は頻繁にお金の出し入れをしますから、手垢がついてしまうのは当然ですよね。

さらに紙幣や小銭、カードを保管し続けるために財布の内側には黒ずみができてしまったり、ペンのインクやコーヒーのシミなどがいつの間にか染み付いていたりします。

すぐに気づいて落とせばいいのですが、なぜか時間が経ってから気づくことの方が多いんですよね。

こんな頑固な汚れは、普段のお手入れ方法では落ちないものがほとんどです。厄介な汚れですが、どのように自宅でクリーニングすることができるのでしょうか。

革財布を自宅でクリーニングする方法!!

なかなか落ちない革財布の汚れ。洗濯機でザブザブ洗ってしまいたくなりますが、革素材は水に弱いと聞くので、丸洗いするのはNGだと思っていませんか?

さすがに洗濯機に放り込むのはいけませんが、革財布を丸洗いする方法があります。

どのような道具を使い、どんな方法で行えば良いのでしょうか。

革財布を自宅でクリーニングするのに必要な道具は?

まずは革財布をクリーニングするための道具を揃えます。

必要となる道具
・柔らかくて綺麗な布・スポンジ
・革専用洗剤
・オイルorワックス
・防水スプレーorクリーム
・ブラシ

洗剤やオイル、ワックスなどには種類たくさんありますが、お使いの革の種類にあったものを用意してくださいね。

革財布のクリーニング方法!!

では、いよいよ革財布をクリーニングしていきましょう。

【①ブラッシング】

まずはお手入れの基本中の基本、ブラッシングから始めましょう。

いきなり水に浸けるのではなく、縫い目や隙間に入り込んだ誇りを取り除いて下さい。

【②乾拭きをする】

次に革財布全体を柔らかい布で乾拭きします。

力を入れずに少しずつ丁寧に磨いてあげましょう

この作業で表面に付着しただけの軽度の汚れなら落とせるかもしれません。

【③水洗いする】

ここで革財布を水洗いしていきます。水洗いといってもドボンと桶などに沈めてはいけません。

柔らかいスポンジか、なければ布にぬるま湯を浸して固く絞り汚れを落としていきます。この時も力を入れすぎないようにしましょう。

部分的に濡らしてしまうと、染料がムラになったり輪染みになってしまったりするので、革財布全体を濡らすようにします

もう一度言いますが、グショグショに濡らしてしまわないように、布やスポンジに水分を軽く含ませる程度にすることがポイントですよ!

【④洗剤で汚れを落とす】

水拭きでも落ちない頑固な汚れには洗剤を使用してみましょう。革専用の洗剤がありますので、それらを使用すれば効果的です。

洗剤は多すぎると革ダメージを与えたり色落ちの原因となりますので、少量で大丈夫です。

洗剤で汚れを落とした後は、柔らかい布をぬるま湯で固く絞ったもので吹き上げます。

【⑤乾燥させる】

④の工程の後、乾拭きをして水分を吸い取り自然乾燥させます。直射日光を避けた風通しの良いところで陰干してあげましょう。

早く乾かしたいからといってドライヤーを使用するのはいけません。熱風がだめなら冷風を…という考えも捨てましょう。

30分から1時間程度で乾きますので、しばしの我慢…。

【⑥オイルやワックスで保湿する】

革財布が完全に乾いたら、レザーオイルやワックスなどで失われた油分を補い保湿していきます。

乾いた布に少量ずつ取りながら塗っていきましょう

革財布のクリーニングに使用するアイテムは「ケチケチ使い」でオッケーなんです。

汚れが落ちて綺麗になったうえ、見違えるような光沢がでてきますよ!ここまでくれば仕上がりまでもう一息です(^^)/

【⑦防水剤を塗る】

最後に防水スプレーやクリームで仕上げて乾かせば完了です!

オイルやワックス、防水剤には手垢や汚れから革財布を守ってくれる効果もありますので効果的です。

普段からブラッシングや乾拭きのお手入れを心掛けることで、革財布を綺麗な状態で保てますし保湿効果もありますので色艶が長持ちします。

クリーニングを何回もすると傷みを早めることになりますので、汚れに早く気づいてあげるのが大切です。


世界で1つしかない財布をたった1万円で作れる!

完全オーダーメイド「JOGGO」の財布はこちら
joggoの財布レビューはこちら

専門の道具を使用せずに自宅で革財布をクリーニングする方法はある?

革財布をクリーニングするのに革専用の道具が必要なのですが、緊急事態のときに何とか家にある道具で代用できないものでしょうか。

どの家庭にも置いてありそうな道具でクリーニングできる方法がありますので、裏技的にお教えしちゃいます!

ここにタイトル
・着古しのTシャツ
・薄めた中性洗剤
・ニベア
・乾いたタオル

①先ほどの項目と同じように革専用のブラシがあれば革財布全体をブラッシングし、なければ乾拭きします。

②ぬるま湯に中性洗剤を入れて薄めたものを、着古したTシャツを浸けて固く絞ります。革財布の汚れを落としていきましょう。

汚れが落ちたら、洗剤を入れていないぬるま湯に別の着古したTシャツを濡らして固く絞り吹き上げます。

③乾いたタオルで水分を取り除き、陰干しします。

④先ほどオイルやワックスをした代わりにニベアを塗って保湿します。

ニベアの青缶は革財布の手入れに効果的だと口コミでも人気です♪

品質の良い革財布には自宅ケアが難しく、クリーニングに出さないと汚れは落とすことができないと思いがちですが、自宅にある物でも代用することができそうです。

しかし、革財布はデリケートなため専用のアイテムを使用して自宅でクリーニングしてあげることが望ましいです。

あくまでも応急処置として、この裏技を行うようにして下さいね。そして、自宅で落としきれないと判断したときは無理なく専門家にクリーニングをお願いしましょう。

大切な革財布を長持ちさせるためには

革財布は使い込むほどに変化があり味わいを楽しめるのですが、日常のあらゆる環境にさらされるため汚れや臭い、キズがついてしまうので使いっぱなしとはいきません。

雨などの水濡れにも気をつけてあげるようにしましょう。革財布だけでなく革製品すべてにおいて水濡れは厳禁です。

定期的なお手入れと栄養補給をしてあげることが革財布を長持ちさせる秘訣です。簡単なブラッシングだけでもツヤ持ちが全然違いますよ!

また、普段から着なくなった綿の衣類をストックしておくと、革財布についた汚れをサッと拭き取ることができるので便利ですよ。

まとめ


革財布の自宅でのクリーニング方法についてお届けしてきました。

革財布は汚れがついてしまうと、その汚れを落とすのが大変なのでできるだけ汚れないように気を付けたいものです。

ですが、毎日使うものですから汚すなというのは難しいですよね。汚れは放置せずに、帰宅後すぐにケアしてあげることが大切です。

ご紹介した自宅クリーニング方法で革財布をしっかりケアしてあげて下さいね。

以上、革財布の汚れにはクリーニング?自宅で丸洗いする方法はある?をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です