キプリス財布の評判は?メイドインジャパンの魅力に迫る!




キプリスといえば、日本製品として圧倒的な信頼と人気を誇る革製品ブランド。

どんなに海外の一流ブランドが日本で流行っても、決して揺るがない独自のポジションをキープし続けています。

今回はキプリスの財布の評判について、そしてキプリスの財布の種類、キプリスの魅力について迫ってみたいと思います(*^-^*)

キプリスについて

キプリスは、1955年設立された「株式会社モルフォ」が展開する革ブランドです。

キプリスというブランド名と、会社名は、世界で最も美しい蝶“キプリス・モルフォ”からきています。

キプリスのコンセプト

キプリスのコンセプトは「一生愛せる本質的価値のあるものづくり」

世界で最も美しい蝶“キプリス・モルフォ”のように、機能美にこだわり、革にこだわり、一切の妥協を許さない、革製品のトップであり続けたいという思いが込められていると言われています。

キプリスのものづくりの原点は、江戸時代の町人に人気だった袋物仕立てにあると言われています。

袋物仕立ての技法は、キプリスの革製品を作る技法へと受け継がれています。日本が生んだ技法を継承し、極めていく。それがキプリスなのですね。

キプリスが採用している革素材

キプリスが採用している革素材の一部をご紹介します。

・レーニアカーフ(仔牛の革)

・シルキーキップ(革の繊維組織にオイルをしみこませたもの)

・ディアスキン(ニュージーランド原皮の鹿革)

・コルデーロ(羊革)

・ルーガショルダー(フランス原皮のショルダー)

・ボックスカーフ(ヨーロッパ産ボックスカーフ)

・ブライドルレザー(革にワックスを浸透させたもの)

以上が一部の素材ですが、キプリスはこの革素材を組み合わせて、革製品を仕立てています。

革の組み合わせにより、全く違う革製品を仕立てるキプリス。キプリスの熟練職人の美的センスの高さを感じさせると評判です。

キプリスの財布の種類、特徴は?

キプリスの財布の種類、特徴をまとめました。

長財布

男性に人気の高い長財布。

お札入れ、カード入れが備わっており、コインケースはないタイプです。スーツを着る男性の胸元でスマートに演出されるよう、計算されています。

ラウンドファスナー長財布

お札入れ、カード入れ、コインケースがあり、ファスナーをしめても決して厚くならない、スマートな印象になるようなデザインが特徴です。

ハニーセル長財布

キプリスを代表するデザインのハニーセル。ハニーセルとはハチの巣を意味し、キプリスだけのオリジナルデザイン。

ハニーセルにカードをしまうのは斬新な発想で、今でも人気のデザインで、訪日外国人にも人気のお財布です。

二つ折り財布

キプリスの二つ折り財布は、コインケース付きと、コインケースなしのタイプがあります。

どちらも男性に人気ですが、40代以降の男性には、コインケースなしの二つ折り財布の方が人気とのことです。

三つ折り財布

二つ折り財布のカード入れが増え、コインケースもついたまさにいいとこどりの三つ折り財布。

それでもやっぱり分厚くならないよう計算されているところが、キプリスの特徴です♪

キプリスの魅力、強みとは?

キプリスの魅力、強みとは一体何なのでしょうか?

高いコストパフォーマンス

キプリスは他の革製品ブランドに比べて、圧倒的にコストパフォーマンスが高いと言われています。

完成度が非常に高いのに、お値段が良心的…素晴らしいブランドですね。

キプリスのお財布は、10,000円代から購入することが可能です。他の海外一流ブランド品のお財布は最低でも50,000円代からとなります。

同じく他の日本製の革ブランドのお財布は、最低でも20,000円からとなっています。高い技術力を提供しているのに、お値段が良心的なのはキプリスだけ。

キプリスは、メイドインジャパンにこだわる方にはピッタリのブランドですね♪

高い技術力

キプリスの縫製技術は非常に高いことで有名です。

・菊寄せ(ヘラで放射線状に9つの細かなひだを重ねる)

・忍び縫い(最終工程で周りをヘリ返しし、ステッチを隠す)

・縫い返し(2枚のパーツを中表にして、ミシンステッキを隠す)

・風琴マチ(外側にマチを作ることでお札が折れるのを防ぐ)

以上の四つはキプリスならではの高い技術。特に菊寄せは、日本の職人にしかできない高度な技だと言われています。海外の職人もうなるほどなのだとか。

「日本人は繊細で勤勉な国民性のため、細かな難しい作業を美しく仕立てることができる」と絶賛されています。

どんなに機械が発達しても、手仕事にしかできないことがある…キプリスは見えない部分こそ、美しく仕立てるというこだわりを持っています。

キプリスは、ハイテクとハンドメイド、この両方を大切にして、革製品を仕立てているのですね。

高い信頼性

キプリスは、一流のものを見極めたプロの百貨店バイヤーにも大人気。

繊研新聞社主催「百貨店バイヤー賞」を13年連続上位で受賞しています。

商品を見るプロからの信頼が厚いこと、百貨店で販売されるということは、ブランドとしての価値をゆるぎないものに格上げしてくれます。

日本は、特別な贈り物は百貨店で買うというお国柄。そのため、どんなに不景気でも、大切な人への贈り物、自分への記念のプレゼントとして、百貨店で買い求める方が多いのです。

百貨店で販売されている商品は、高級感が増すという不思議なパワーがあります。キプリスの革製品はこれからも厚い信頼、高い品質という名の下で愛され続けるでしょう。

高いデザイン性

キプリスのデザインはエレガントですっきりしたものが多く、ブランドに抵抗がある男性にとても人気があります。

キプリスは一目で見て、キプリスだとわからない点が男性にとって魅力的なのでしょう。

奇抜なデザインは一切なく、コンサバティブな路線を貫くキプリス。シンプルでエレガントなデザインのほうが、芸術的センスを高く求められ、非常に難しいと言われています。

キプリスの財布は、古き良き時代の日本の美、日本人としての奥ゆかしさを表現しているのかもしれません。

逆に、ブランドを主張したい男性にとっては、少し物足りないブランドになるかもしれません。

蛇足ですが…知人はブランド好きで、某ブランドの財布を使っていたのですが、キプリスの魅力にはまり、今はすっかりキプリスファン。本物の革と一流の職人さんの技術で仕立てられたキプリスの財布は、個人の価値観をも変えるほど、奥が深い魅力があるのですね。

キプリスの財布に関するネット上の評判は?

キプリスの財布に関するネット上の評判を一部ご紹介します。

https://twitter.com/dreamer20170406/status/901784479018098689

キプリスの評判はかなりいいようですね。男性の方が自分で買う財布としても、プレゼントされる財布としても人気のキプリス。

最近ではメイドインジャパンが見直されているので、今後もキプリスの安定した人気が続きそうです(^^♪

この記事のまとめ

キプリス財布の評判は?メイドインジャパンの魅力に迫る!についての記事はいかがでしたか?

革製品にこめる職人さんたちの思い、キプリスブランドのプライドを感じ、日本人として誇りに思いました(*^-^*)

歴史を旅する技術…次の世代へ受け継がれていくキプリスの技術はどんな感動を与えてくれるのでしょうか。

命が形を変えて誕生する革製品、そしてキプリスについて、たくさんの方が興味をもってくれますように…。

以上、

キプリス財布の評判は?メイドインジャパンの魅力に迫る!

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です