革財布の手入れ方法!!




革財布は毎日使っていくうちに、手の油、革内部の油によりピカピカな状態を保ってくれるので、基本お手入れはしなくても大丈夫でしょう。

年数を重ねるごとに一層革がなじんでいき、自分好みの革になっていくのが革財布の楽しみでもありますよね。

ですが革は水や乾燥に弱いので、どうしてもシミができてしまったりします。この記事では革財布のお手入れ方法を詳しく解説していきます。

購入したばかりの革財布には注意が必要!!

では、さっそくお手入れ方法を紹介したいところなのですが、お手入れ以前にまずは購入した際に革財布を使う前に注意しておきたいことがあります。それは、購入してすぐに古い財布からカード、小銭を移し替えてしまうことです。

これの何がいけないのか、革は繊細なのでいきなり多くのものを入れてしまうと革の形が崩れて革が伸びてしまいます。

革は伸びてしまうと、また同じきれいな形には戻らないので注意してくださいね。

>>革財布で有名なラファエロを実際に購入してみた!!
>>革財布手入れクリームのおすすめとお手入れ方法!!

革財布のお手入れ方法【基本編】

それでは革財布のお手入れ方法の基本を解説していきます。
(その他、汚れた時のお手入れ方法、雨に濡れた時の対処方法も別で紹介しています。)

革財布というのは基本は毎日お手入れが必要になってきます。

とはいっても実際面倒くさくて毎日お手入れしている人はいないですし、もっと言えば、革財布にお手入れが必要ということもほとんどの人が知らないですね。

まあ確かに知っていても面倒くさくてお手入れできないという人も多いですが、実際にお手入れしている革財布とお手入れしていないものを比較すると一目瞭然で違いがわかります。

私は毎日お手入れしていますが、ツヤも違うし手触りも断然変わってきますよ。では私が実際に行っているお手入れ方法を紹介していきますね。

>>革財布の手入れには、100均で売っているアイテムを使用しても大丈夫?
>>革財布の正しい手入れ方法は?ミンクオイルが良いって本当?

革財布のお手入れ①汚れを軽く落とす

これからお伝えすることをしっかりと実践していくことによって、お財布の見た目が全然変わってくるでしょう。

最後に革をつやつやにするためにクリームを塗るのですが、まずはその前に革財布についているごみを落とすところから始めます。

革の表面にホコリがたまりやすいので、一度ブラシで軽く取り除くことが必要です。ただし、革の表面はデリケートで傷付きやすいのでゴシゴシするのは×

軽くスライドさせるようにホコリを取ってくださいね!!

>>革財布の手入れ!傷を目立たなくする方法を知って、長く愛用しよう!
>>革財布の手入れは身近なもので可能!?その方法とは!?

革財布のお手入れ②防水スプレーで水を防ぐ

革は水に弱いので雨の日に革財布を出すだけですぐにシミができてしまいます。防水スプレーを使うことによってシミを防ぐことができ、さらに次に使うクリームの浸透を高めることができますよ。

ただし使い方を一歩でも間違えればシミを増やすことになるので使い方は間違えないでくださいね。

防水スプレーは革から少し遠い位置で使ってください。近づけてしまうと逆にシミができてしまいます。

大体30センチくらい離れた場所からスプレーをかけるのがベストですね♪革全体に吹きかけた後は15分ほどスプレーが革に浸透するのを待ちます。

>>革財布の手入れと黒ずみの落とし方を紹介!その他の汚れの落とし方も!
>>革財布の手入れの頻度は?

革財布のお手入れ③革のオイルを使って革のツヤ出しと保護

次にクリームを使ってツヤを出していきます。はっ水効果もあるので防水スプレーと同じで水に強い革ができます。

クリームを塗りすぎるとべとべとしてしまうので布の先っちょに少しつける程度で十分ですよ。

クリームはのびるので革にまんべんなく塗っていきましょう。

革財布のお手入れ④ポリシングクロス

最後にまんべんなく塗ったクリームをポリシングクロスでふき取ります。

革財布のお手入れ⑤ブラッシング

最後にポリシングクロスでは取り除けなかったクリームをブラッシングで取り除いていきます。

ただし革の縫い目に沿ってブラッシングすること。縫い目に反した動きをすると傷付いてしまうおそれがあるので注意しましょう。

>>革財布は自分で手入れできる!気になる色落ちはどうしたらいい?
>>革財布はどう選べばいい?選び方のコツとメンズブランド20代人気ランキングTOP3を紹介!!

雨に濡れた時のお手入れ方法

革財布は雨に濡れてしまえば、ほぼ100%の確率でシミができてしまいます。なので、できるだけ雨に濡れないカバンなどにいれておいたほうが良いのですが、どんなに注意しても濡れてしまうこともありますよね。

もし濡れてしまった場合はできるだけ早くお手入れしましょう。雨に濡れたまま放置してしまうと水分が革の中に浸透していき、元の状態に戻すことが難しくなってしまいます。

濡れてしまった場合は乾いた柔らかい布か何かを濡れた部分に当てて水をふき取ります。ふき取ったらその革財布を陰干し完璧に乾くまで陰干ししましょう。

※干すときは陰干しです。直射日光に当ててしまうと革の油分がなくなってしまい革財布がカサカサになってしまいます。ちなみにドライヤーも同じ理由で辞めたほうがいいですね。

カビが発生した時のお手入れ方法

一般的な革財布のカビ

スムースレザーなどの一般的な革財布にカビが発生したら、水気を絞ったタオル、綿棒、新しい歯ブラシなどで優しくふき、カビを取り除きます。

そのあと、お天気の良い日に陰干しします。天日干しではなく、陰干しにするように気を付けてください。直射日光は、革を乾燥させてしまいます。

時間帯は10時から14時の間がよいでしょう。紫外線でカビを死滅させることができます。

そのあとは、革財布専用のクリームでお手入れしてあげましょう。

スエード革財布のカビ

スエードの革財布の場合は、起毛なので布でふくのは避けてください。

スエード革専用のブラシで丁寧にブラッシングしましょう。この時、圧をかけすぎると傷の原因になるので気をつけましょう。

そのあとは、風通しの良い場所で陰干ししてあげましょう。

カビがひどい場合

カビがひどい場合は、アルコールスプレーを柔らかい布に軽くふきつけて、優しくふき取りましょう。そのあとは陰干ししましょう。

それでもひどいカビの場合は、革専門の修理店にクリーニングをお願いしましょう。

カビを防ぐには?

革財布を風通しの悪い場所に保管したり、濡れた革財布をそのままにしてしまうと、カビが発生しやすくなります。

カビは一度発生すると完全に取り除くことが困難だと言われています。表面上はきれいになっても、革の内部に浸透している場合が多いからです。

風通しのよい場所に保管すること、濡れたらすぐにふき取ること、定期的なお手入れをすること、この3つを守ればカビを防ぐことができます。

梅雨の時期などは、市販の湿気とりなどを利用するとよいですね。

丘染めの革財布に傷がついた時のお手入れ方法

丘染めとは、革の表面のみに染色する歴史古い染色技法です。

革のコシや手触りを損なうことなく染める反面、見えない傷まで浮き出てしまうというデメリットがあります。

丘染めに小さな傷がついた場合は、指の油脂や柔らかい布で傷をうめるように優しくこすりましょう。

大きな傷の場合は、革財布専用のクリームを塗りこんだり、革財布専用のマニキュアを使うとよいでしょう。

ただし、大きな傷の場合は、自分で何とかしようとせずに、革専門の修理店にお願いするほうがいいですね。

芯通しの革財布に傷がついた時のお手入れ方法

芯通しとは、革の芯まで染色した技法です。内部まで染色されているので、傷が目立ちにくい反面、コストがかかります。

芯通しに傷がついた場合は、指の油脂や柔らかい布を利用して、傷をうめるように優しくこすりましょう。これでほとんどの傷が目立たなくなるはずです。

オイルレザーの場合、傷周りのオイルを傷に移動させるようなイメージで、指で優しくもみこんであげましょう。

傷は完全に消えることはありませんが、革の自然な味わい深い状態を演出してくれます。

汚れた時のお手入れ方法

一般的な汚れ

汚れた場合は、乾いた柔らかい布で優しくふき取りましょう。圧をかけすぎると、傷やシミの原因になるので優しく、がポイントとなります。

汚れを寄せ付けないために、定期的に防水スプレーをかけてあげると汚れ防止になりますよ♪

黒ずみ汚れ

黒ずみの汚れは、革財布専用の消しゴムを使いましょう。黒ずんでいる部分を消しゴムで優しくなぞるようにこすります。

圧をかけすぎると、色素が薄くなってしまうので気をつけましょう。

家庭法の消しゴムも使えないというわけではありませんが、消しゴムの種類によっては、シミや色素の変化につながるので、革財布専用の消しゴムを使いましょう。

この記事のまとめ

革財布のお手入れ方法についての記事はいかがでしたか?

日ごろからのお手入れや、少し気を付けるだけで、驚くほど革財布を長持ちさせることができます。

万が一、大切な革財布にトラブルが起きた際は、是非この記事を参考にされてくださいね。

以上、

革財布の手入れ方法‼

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です