革財布は自分で手入れできる!気になる色落ちはどうしたらいい?




お気に入りの革財布は、使い続けるうちに光沢が失われて購入した頃に比べると色落ちしてしまいますよね。

定期的に手入れもしているのに、どうして色落ちしてしまうのでしょうか。

長年愛用の革財布が、色落ちしてくたびれた姿をみるのは胸が痛むものです、、

今回は、革財布が色落ちしてしまった時の手入れ方法や、色落ちさせないためにはどうすれば良いのか検証していきます。

【色落ち以外の革財布メンテナンス方法】

黒ずみができてしまった場合
傷がついてしまった場合

革財布の色落ちの原因は?革財布が色落ちしないためには?

革製品は、使い込むうちに色あせや色落ちしていくのは当然のことなんです

はじめは固い革財布も、使い続けていくうちに柔らかくなり、色落ちしてなじんでいきます。

一般的に「経年変化(エイジング)」とよばれ、色の変化を自分だけの持ち味をとして楽しむものです。

ですが、極端な色落ちはやはりショックですね。

なぜ色落ちしてしまうのか


まず考えられるのが水濡れによる色落ちです。

革財布だけでなく、革製品のすべては水に弱く濡れることで色落ちしてしまいます。

革財布が濡れてしまったら、しっかりと水分を吸い取り、陰干しで乾かしてあげましょう。

そして次に考えられるのが、手入れのしすぎによる色落ちです。意外にもこの事例は多いんです!

自分の革財布に合わないクリーナーやオイルを選んでいたり、傷や汚れを消すためにゴシゴシと力いっぱいこすることで色落ちしてしまうんです。

また、ネットにある間違った知識で手入れしたために、部分的な色落ちでショックを受けた方もいらっしゃいます。

正しい使用方法、手入れ方法を心がけるだけで色落ちを防ぐことができます。

最小限の道具を用意するだけで、自分で手入れすることができるので、ぜひ実践してみて下さいね。

革財布が色落ちしないためには

正しい手入れをしていても完全には色落ちを防ぐことはできません。革の性質上どうしても完全に色落ちしない革を作るのは難しいようです。

革財布が色落ちしないためには、とにかく水に触れないように心がけることが一番有効な手段のようです。

雨に濡れないのはもちろん、夏場の汗にも気をつけましょう。手入れの最後に防水スプレーを吹いておくといいですね。

それでも革財布が色落ちしてしまったら

きちんと手入れをしていても、どんなに気をつけていても、革財布が色落ちしてしまうこともあるのは革の性質上どうしようもないことなんです。

では革財布が色落ちしてしまったらどうしたらいいのでしょうか。がっかりしてしてそのまま放置するなんて、これまで愛用してきた革財布が可哀相ですよね。

革財布が色落ちした場合でも、自分で修理できる方法があります。

どんな革財布の色落ちを修理できる?

革財布の色落ちの手入れは、すべての革財布に適しているというわけではありません。革の素材によっては自分では色落ちを直せないものもあります。

では、どのような革財布が色落ちの修理ができないのでしょうか。

まず「ヌメ革」と呼ばれる革製品は、使い込むほど自然と色落ちするものなので、修理には向いていません。

あとワニ革ヘビ革など爬虫類の皮素材やエナメルも修理に向いていませんので、気をつけて下さい。

革素材に着色されている製品が自分で修理できる物です。修理するときはまず目立たない部分で試すことが重要なので必ず行うようにして下さいね。

色落ちの修理を自分で行うには何が必要?

革財布を自分で修理する際に補修クリームが有効であるとお伝えしましたが、いきなり革財布に塗りつけるのはよくありません。

補修クリームを塗る前に、いくつか手順がありますので一緒に見ていきましょう(^^)/

【用意するもの】

・革用ブラシ
・柔らかい布
・革用クリーナー(あれば)
・スポンジや筆など補修クリームを塗るための物
・オイルやワックス類

①全体のほこりを取る

まずは普段のお手入れと同じように、革財布の汚れを落としていきます。革用のブラシで全体のほこりを払いましょう。

ブラシがなければ、綺麗な柔らかい布で大丈夫ですよ。目に見えなくてもほこりって以外に付着しているものなんです。

②全体の汚れを落とす

次に革財布の汚れを落とします。革用のクリーナーや薄めたエタノールがあればいいですね。目立たない部分で試してから行って下さい。

③目立たない部分から補修クリームを塗る

いよいよ補修クリームを塗っていきます。目立たない部分の小さな色落ちから試していきましょう。

細かい部分の色落ちには100均で売っている筆を使用するといいですよ。

色落ちした部分だけ塗ると差が出来てしまうので、問題がなければ全体に塗るようにすると均一になります。

④完全に乾いたらオイルなどで保湿する

革財布が完全に乾いたら、最後にワックスやオイルなどで保湿しましょう。光沢も蘇りツヤツヤになりますよ♪

傷こそは完全に直りませんが、色落ちがなくなっただけでかなり見違えます!お気に入りの革財布が綺麗になると嬉しいものです!!

色落ちの修理でやってはいけないことは?


革財布には色々なカラーバリエーションがありますが、これらはすべて革素材に着色してあるということはご存知でしょうか。

革を染め込んで色付けをする染料仕上げと、革の上に塗料を塗り色付けする顔料仕上げがあります。

染めこんでいるなら少し表面を削ることで、元の色味が出てくると思う方もいるようですが、そのようなことはありませんので絶対にしないようにして下さいね。

また、汚れを落とすために除光液などシンナー系の溶液で拭き取ることを思い付きがちですが、塗料が剥がれてしまいますので、こちらも絶対にしないで下さいね。

自分で修理が難しい場合は迷わず専門家に頼む


自分で修理することにためらいがある場合や色落ちが酷すぎると感じる場合は、やはり専門店に修理に出すことです。

いざ自分で色落ちの補修を始めたものの、色味が微妙に違い逆に浮いてしまったり、革素材を傷めてしまっては後悔してもう遅いのです。

この先何年も使用するので、色落ち補修の失敗を見るため悲しくなるのでしたらプロに任せたほうが安心です。

値段はそこそこしますが、見違えるほど美しい姿になって戻ってくることでしょう。


世界で1つしかない財布をたった1万円で作れる!

完全オーダーメイド「JOGGO」の財布はこちら
joggoの財布レビューはこちら

まとめ


革財布の手入れや色落ちについて検証してきました。

本来革財布は色落ちするものですし、それを楽しんでいくものですが極端な色落ちや部分的な色落ちにはいくつかの対応方法がありました。

きちんとした手順を守って行えば、リーズナブルな値段で大切な革財布を美しく蘇らせることができます。自分で補修することでさらに革財布への愛着も増しそうですよね。

自分なりの手入れで色落ちを戻すことが難しいときは、迷わず専門家に相談しましょう。

また、日頃から基本的な手入れを定期的に行うだけで色落ちを防ぐことができますし、水や汚れから革財布を守ってあげることができるので試してみてはいかがでしょうか。

ちょっとした心がけ次第で革財布は綺麗な状態で何年も使用することができますよ♪

以上、

革財布は自分で手入れできる!気になる色落ちはどうしたらいい?

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です