革財布で有名なラファエロのレビューと口コミ!!価格や手入れ方法は?

こんにちわ、今回はラファエロという革財布について紹介していきたいと思います。

実際に私がラファエロという革財布を知ったのは2015年の冬で、そもそもラファエロというブランドがあることも知りませんでした。

ですが、ある日ちょっと変わった財布欲しいなと思い、アマゾンの検索で革財布と調べた時に1列目に出てきたんです。

最初はなんだこの財布は、、って思いましたが、実際に購入するまでに至ったので、ラファエロをレビューしていきたいと思います。

また、口コミや価格、手入れ方法も紹介していきますね。

革財布で有名なラファエロの財布を実際に購入してみた!!

アマゾンで購入しました。

アマゾンでは『(ラファエロ) Raffaello 一流の革職人が作る スフマート製法で染色したメンズラウンドファスナー長財布』という名前で出てきます。

値段は税込み9800円と革財布の中では安いほうですね。有名ブランドのものを購入するなら5万円以上は必要になってくるので、、

実際にラファエロの入れ物を開けてみると、まずは財布の入れ物が入っていましたよ。スポーツ服のような汗を吸い取ってくれる素材で、私は肌触りが最高だと感じました(^^♪

↓そして、袋を少しよけてみると、ラファエロの財布が登場!!

今回はラセットブラウン色を購入したのですが、革のツヤもあり、第一印象は最高でした♪

4つの色から選択可
・アズールブルー
・インペリアルチョコ
・ラセットブラウン
・ワイン

では、外見と実際に財布を開けていきます。

落ち着いた感じでおしゃれな印象でした。学生が持っていたら少し大人びて見えますね。

ヴィトンやコーチなどの高級ブランドよりも値段はしませんが、高級感があるので目劣りしないと思います。

それくらい落ち着いた作りになっていますね。

見てわかるように少しグラデーションがかかっていて、外側は少し黒味がかかっておしゃれになっているのかなと。


中を開けてみると、収納がたくさんありました。カードがトータル15枚(片サイド6枚ずつと真ん中に3枚)入るようになっていて、カードをたくさん持ち歩く方も困らないと思います。

また、結構ガバット開くので、カードがどこにあるのかが簡単に分かります。


コインケースはいたってシンプルな作りになっています。

ラファエロの革財布を3ヶ月使ってみた感想!!

ラファエロの革財布を使ってようやく3ヶ月が経ちましたが、今でもこの財布が気に入っています!!

外見はまだ3ヶ月しか経っていないのでそんなに革のあじが出てきたわけではないです。

出てきたわけではないのですが、少してかりが抑えられて、良い具合に使い古した感が出てきましたね。

また、友人から良く『この財布高そう!!』と言われるので、『10000万円だよ!!』と言うと、すごいびっくりした顔をされるんですよね。

それくらい高級に見えるらしく、いつもどや顔で『(この財布)良いでしょ!!』と返すのが、すごいうれしいですww

そして、使いやすさも◎!!

カードポケットが15個あるのでカード入れには困んないですし、お札やレシートを収納する場所も多いので、レジで入れ場所にあせって並んでいるお客さんに迷惑をかけることもないです(笑)

全然嫌なところがないので、今後も1年、2年は使っていきたいと思える革財布ですね♪

革にあじが出てくるのが楽しみです。

ラファエロの詳細はこちら

ラファエロの革財布の特徴

ラファエロは日本製革財布を販売する数少ない会社で、「最高の革製品を作る」というコンセプトをもとに一つ一つを丁寧に作っている会社です。

実際に私も電話で問い合わせて、色々聞いてみたのでシェアしたいと思います。

ラファエロの革財布はエターナルレザーという革を使っています。

このエターナルレザーという革は中世イタリアのルネッサンス期に門外不出の製法となったスフマート製法の染色を最大限生かすために不可欠な革素材。

歴史ある非常に上質な革素材で古代ローマ帝国時代の貴族が愛用していた革靴に使われていた革と同じ種類の革になります。

古代ローマにおいて革靴は上流階級の証で奴隷は革靴を履くことを厳しく禁止されていました。

Raffaelloでは「世界の歴史を旅し王侯貴族の気品を現代のオトコへ継承する」という、ブランドコンセプトに基づいて世界の歴史を巡り紀元前から現代に至るまで、人類の歴史上から優れた革素材を厳選して商品作りをしています。

古代ローマ帝国では、上流階級に属する貴族や元老院議員などの高級靴の素材として使われてきた歴史もあります。

ラファエロの革財布のメンテナンスの仕方

そして、日々のメンテナンスについては、優しくブラッシングする柔らかい布でからぶきしてあげてください。

布についてはいらなくなったTシャツの切れ端などでも大丈夫です。

コツとしては革の表面に貯まったホコリやゴミを落とすくらいにしてみてください。

そして、2週間に1回くらいに皮革用クリームを塗ってあげると、革に栄養が補給されていきいきとした表情になります。そのあとは風通しのいいところで乾かしてあげてください。

こうやって定期的にメンテナンスをしていくと、革製品は唯一無二の味わいとなって愛情に答えてくれます。

単なるボロくなっただけとは違うあの風化した趣ある表情がいいんですよね。

おそらく、オトコにしかわからない”味”というやつかもしれませんね。

アマゾンの口コミレビュー調査

では、まずはアマゾンのカスタマーレビューでどれだけの人が高い評価をしているのか調べてみました。

なんと5つ星が177もついているのでまずは安心(^^♪

少し口コミを見ていきましょう。

自分はブランドとかは良くわかりません。使って良ければ安くても満足します。今回購入した財布ですが、カードがたくさん入るので気に入りました。

カードの出し入れも楽ですし使いやすいと思います。ただ、自分はズボンの後ろポケットに入れて使うので、今までの財布は寿命が短かったです。今回購入した財布は、少し皮が固めなので、なじめばちょうどいいかもと期待してます。

柔らかすぎず、硬すぎず、手になじみのいいお財布です。わたしは日本人男性の平均からいうとやや大きめの手をしていますので、サイズ的にもぴったりです。色合いも落ち着いていて、購入して間違いなかったと思わせてくれる一品です。細部の作りも丁寧で、これから長い年月を日常的につきあっていく製品としては、十分に満足がいきます。

コスパが最高という点にも満足しましたが、スタッフの方の対応も素晴らしく買ってよかったと心の底から思えました。届くまで不良品だったらと不安な気持ちもありましたが、スタッフの方から財布の手入れ方法や革の説明がメールで送られてき、信頼が置けました。商品もサービスも大満足です。

という感じで色々な星5つ評価の口コミがあったのですが、全体的に多かったのがカードポケットが多いという意見ですね。

また、サイズ感がコンパクトという意見も多く、サイズ感がコンパクトなうえにカードポケットが多いというのはすごいうれしい特徴ですよね(^^♪

ラファエロの詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?実際に管理人も購入して使ってみて、「10000円以下の値段でこんなに良い財布があるなんて!!」という感じです。

正直『ラファエロ』という財布を知っている人は少ないのですが、高級感はありますし、本革を使用しているのでどんどん革がなじんでかっこよくなっていきます。

値段も10000万円以下でリーズナブルなので、まずは1度試してみてはいかがでしょうか?

ラファエロの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です