革財布で40代男性に人気のブランドは?

働き盛りの40代男性は、忙しい日々の中でも身だしなみはきちんとしておきたいものです。

部下に慕われる上司の心がけとして、見栄えの良い革財布を持っておくことも身だしなみのひとつではないでしょうか。

今回はそんなトレンドに敏感な40代男性に人気の革財布のブランドについてお伝えしていきます。

40代になったら身につけるアイテムをきちんと選ぼう


40代男性が身だしなみのなかで特に気をつけているアイテムがいくつかあります。

ネクタイは毎日スーツを見にまとう男性には必須アイテムですし、時計もスマートフォンや携帯電話に頼らず腕時計をつけておくが社会的マナーです。

そして、それらと同じくらい仕事やプライベートにおいて活躍するのが財布。

上司との付き合いはもちろん、部下に奢る機会も多いでしょうし家族サービスだって欠かせません。

年齢を重ねるほどに財布にはこだわりがあるという男性が多いようですね。しかし数あるブランドの中から自分の年代に合う財布はどれなのか悩んでいる方も少なくありません。

40代男性にふさわしい財布の素材やタイプ、気になる相場など身近な人には相談しにくいポイントについてもしっかりと学んで自分らしい財布を見につけましょう。

40代男性が持つ革財布で人気のタイプは?


40代男性が選ぶ財布には、好みのタイプや職業などから多少のばらつきがみられるようです。

インテリ系な男性はハイブランドでシンプルなデザインを、ガテン系な男性は流行の柄や派手めなカラーのデザインなどといったかんじです。

しかし40代のどの男性にも人気があるのは革素材の長財布。40代にもなるとナイロン生地や二つ折り財布などは持たない傾向にあるようです。

チープに見えてしまうナイロン素材の財布は人前で出すには少し恥ずかしいと思う方も居られるようで、やはり革財布の重厚感はインパクトがありますよね。

さらにスーツの内ポケットから長財布をスマートに取り出すシチュエーションに憧れを抱く男性が多いようなのです。

確かにその仕草だけでもなんだか「デキル男」に見えてしまうので不思議です(^^)

お札が折れてしまってもコンパクトな二つ折り財布が良いという考えから、長財布でお札もカードもきちんと収納したいという考えに切り替わっていく年代なのかも知れませんね。

40代男性が持つ革財布の相場は?


自分で購入する場合や恋人・パートナーに贈る場合、40代男性の革財布の相場はいくらくらいなのでしょうか。

40代男性の場合、1万円から10万円以内の革財布が人気のようです。

金額にずいぶんと幅があるのが気になりますが、これは革財布を購入される方や贈られる方がどのようなブランドが好みかによってばらつきがあるためです。

エルメスやグッチが好きな男性ならそれなりの価格になりますし、ブランド名よりも革の質や縫製にこだわりのある男性なら少し低い価格帯になります。

と、言うのも革財布の値段はハイブランドになるほどライセンス料がかかってくるため値段がどうしても吊り上がってしまうんです。

知名度のあるブランドの革財布を選ぶのか、革製品を専門に扱うブランドの革財布を選ぶかは使う人の好み次第です。

どちらを選んでも革素材の財布はとても丈夫で、使い続けていくことで経年変化し自分だけの色に変わっていく姿が楽しめます♪

40代男性に人気の革財布をチェックしよう!

では、40代男性ににはどのよう革財布が人気なのでしょうか。人気のあるブランドをいくつか紹介していきます。

グッチ


人気ブランドであるグッチの革財布は、40代男性に大きく支持をえています。主に8万円から9万円くらいの長財布が人気。

もともとイタリアで革製品を専門に扱っていたブランドですので、革財布にも定評があります。

実用的なデザインにあしらわれた“GG”のロゴが目を引きますね。

お馴染みの緑と赤いラインで印象深い「シェリーライン」も安定の人気。

革製品のアイテムを多く扱っており、高級感のあるデザインは世界中の男性からも女性からも愛されているブランドです。

芸能人やスポーツ選手など著名男性からも人気の高いブランドですから、持っているだけで鼻が高いですね。

ココマイスター


ココマイスターの長財布は多くの年代を通して人気のある革財布で、40代の男性の多くもそのクオリティーに魅力を感じているようです。

2011年に立ち上げたばかりの新ブランドであるにもかかわらず、ここ数年で一気にその名を広めたココマイスター。

欧州の最高級の天然革素材と日本の熟練した職人たちによって、手作業で縫製された革財布ということで高い品質を誇っています。

ハイブランドを凌ぐクオリティなのに価格は3万円台からと手が届きやすい値段に驚かされます。

人気のコードバンなんかは売り切れていることが多いようですので、ギフトにと考えている方は早めの在庫チェックをおすすめします!

ダンヒル


イギリスの高級ブランドとして周知のダンヒルは、渋みが増してくる40代男性にとっては憧れでもあるブランドです。

紳士向けに展開されているブランドだけに、デザインは洗練されていて高い年齢層にファンが多いことが特徴なんです。

価格帯は2万円弱から8万円以内で主に牛革を使用した革財布が人気があります。

ダンヒルに魅力を感じるようになれば、一流男性の仲間入りを果たせたといっても過言ではないでしょうか。

キプリス


日本製の革財布にこだわりを持つ40代男性から圧倒的に人気があるのはキプリスの長財布です。

革の品質、デザイン、収納力、縫製とすべてにおいて高い評価なのに税込み2万円を切る長財布もあるんです。

ブランドにはこだわらないから上質な革財布を手ごろな値段で購入したいと考えている方には、キプリスの革財布をおすすめします。

ホワイトハウスコックス


イギリスで古くから親しまれている革製品のブランドであるホワイトハウスコックスは、多くのメンズ雑誌でも紹介されている人気ブランド。

イギリスの職人の手作業によって縫製されたこだわりのハンドメイドに「ホワイトハウスコックス」の刻印が魅力的。

シンプルながらもカラーバリエーションは豊富なので、あなたが気に入る色合いを見つけることができるかも。

本格的な革財布を持ちたいと考えている40代男性にぴったりなブランドではないでしょうか。

40代なら一流ブランドの革財布を買うべき?


世界的に名の知れたブランド品は、持つことでステータスだという方が多いです。もちろんハイブランドの製品なので品質もしっかり保障されています。

逆に知名度はあまりないのに、高品質で機能的な革財布も近年多く出回っています。

先の項目でお伝えした「ココマイスター」や「キプリス」などが代表的な革製品の専門店によって作られた革財布なんです。

革製品専門ですので知識も豊富で縫製にも世界に負けない技術力を備えているうえに値段はとってもリーズナブル!

40代に限らず男性は一度気に入った革財布を何年もかけて、自分色に染める楽しみ方をされます。

ハイブランド、革製品専門店にかかわらず、長く愛せる革財布と出会えることこそが重要なポイントになっているようです。

まとめ

40代に人気の革財布のブランドについてお届けしてきました。

社会的地位が確立してくる40代男性には、財布へのこだわりがありシンプルだけど高級感のある財布が人気です。

特にエイジングを楽しめる革財布は愛着が持て、きちんとした物を選ぶことで長く使い込めるアイテムになりそう。

あなたの理想に近い素敵な財布に出会えるといいですね。

以上、

革財布で40代男性に人気のブランドは?

をお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です